ボランティア

自分のできる事から始めよう

昨日の記事「根本的に人手が足りてない」の続きです。

私が猫ボラ活動を始めたのは2011年の4月からなので
今年で7年…
長く活動している人からしたらまだまだと思われるかもですが
私はもう7年も経つんだ~って感じですね。
乳飲み子猫~大人猫の預かり、人馴れ訓練
譲渡会、お見合い、お届け、書類やポスターの作成など
いろんな経験をしました。
もちろんこれが猫ボラ活動のすべてではありませんが
私が経験してきていつも思うのは
とにかく人手が足りてないということでした。

・いつも同じ人が活動している
・いつまでも同じ役割を担っている
・代わりにできる人がいない
・後継者を育てる時間がない
・協力を呼びかけようにもボランティアだから無理強いはできない

このループにハマってしまってるんだと思います。
まぁ中には忙しくてもすべて自分でやりたいor
やらなきゃすまないタイプの人もいますが…
できるだけ、分担できる仕事は分担した方がいいと思います。

そしてここからがやっと本題
新しく手伝ってくれる人がいると助かる仕事です。
あくまでも私が経験をしてきたなかで感じたことです。
全ての団体・個人には当てはまりません。

・譲渡会の参加猫の受付・メール対応(人とのコミュニケーションが好きな人)
・ブログ作成・HPの管理・ポスターや書類などの作成(パソコンが得意な人)
・TNRの際の猫の搬送(車を持っている人)
・猫の一時預かり(自分で病院に連れていける人が望ましい)
・譲渡会などの広報活動(ポスターを貼ったりSNSで拡散したりなど)

いかがでしょうか。
うちでは猫を預かれないから…と猫ボラ活動できないと思っていませんか?
猫を預かるだけが猫ボラ活動ではありません。
TNRや譲渡会の日にちに予定が合わせづらくて…という方
メール対応や書類の作成などは空いた時間にできます。
最初はわからないことだらけかもしれないけど、
ゼロからスタートしているのはみんな同じです。

まずは自分のできる事は何か考えて
勇気をもって一歩踏み出してください。

関連記事
スポンサーサイト