手作り

今年のラベンダー仕事第3段

ラベンダーは咲き始めると次々に花が開くので
どんどん摘み取って、処理していかないといけません(;´・ω・)
今はもう既にすべて摘み取り、刈込まで終わっていますが
今年はいろんなことに挑戦したので
一つずつ紹介していきたいと思います。

20180620-1.jpg

第3段は一度にたくさん摘んだので
リース作りに挑戦しました。

20180620-2.jpg

ラベンダーは下葉をかき取って下準備し、
以前100均で何かに使えるかもと買っておいた
ワイヤー類でリースの土台を作ることにしました。
つる製のリース土台を使うのが簡単なんだろうけど
買いに行く手間より、作る方を選びました(笑)

20180620-3.jpg

で、せっかくなので猫型にしました←お約束( *´艸`)
ワイヤーワークなんて知らないので適当に…
ラベンダーの茎が滑りにくいように
細いワイヤーも巻き付けています。

20180620-4.jpg

ラベンダーを5~6本ずつまとめて
リース土台に細いワイヤーで縛り付けていきます。
少しずつずらしながら…
顔の真ん中まできたら、反対側から。

20180620-5.jpg

最後は茎が見えないように花穂だけをまとめて。

20180620-6.jpg

出来上がりは、思ったより耳が小さくなってしまいました。
ワイヤーで土台を作った時にもっと
形を強調しないとダメでしたね。
それに、ラベンダーの本数ももっとたくさんの方が
豪華になったと思います。
リボンと鈴をつけたら猫っぽくなりました(=^・^=)

20180620-7.jpg

このまま飾っておいてもいいのだけど、
ドライになるにつれて花穂が垂れ下がってしまうので
乾燥されるまでは上下逆さに吊るしておきます。
反省点はまた次回(来年かな?)に活かそうと思います。
関連記事
スポンサーサイト