今年のラベンダー初仕事

手作り
06 /06 2018
我が家のラベンダーの季節がやってきました。
今年も見事に茂ってます(笑)

20180606-1.jpg

昨年刈り込みをさぼってしまったので
変な形に伸びてしまったので(;´・ω・)
今年は早めに収穫して、
きれいに丸く刈り込みたいと思います。

20180606-2.jpg

てことで、早速収穫♪
ん~…ちょっと早すぎたかな?

ラベンダーの収穫は花穂が出揃って
下の方がちょろっと開いた頃がベスト☆
それより早いと香りが少なく、
遅いと花穂がポロポロと落ちてしまいます。

20180606-3.jpg

今回の収穫は少なめにして、
以前から作りたかったラベンダーのチンキ剤を
作ることにしました。

チンキ剤というのはハーブをアルコールに浸けて
成分を抽出させたものです。
水溶性成分と脂溶性成分の両方が取り出せるのが
特徴なんだそうです。

ラベンダーには皮脂の分泌バランスを整えたり、
肌の再生作用や殺菌作用もあるので
美肌のもととして、化粧水にも使えるんですよ(*´з`)

20180606-4.jpg

花芽を一つずつバラした方が良かったのかもしれないけど
面倒なので花穂ごと無水エタノールに漬け込みました。

もう一つ作ったのは、オイル漬け
こちらは脂溶性成分しか取り出せないけど、
香りも移るらしいので
実験的にオリーブオイルに漬け込んでみました。
こちらはハンドクリームにでもしようかと思います。

20180606-5.jpg

どちらも2週間ほど漬け込んだら
ラベンダーを濾して出来上がり☆
簡単でしょ?( *´艸`)

20180606-6.jpg

↑この写真は、漬け込みしてから3日目。
オイル漬けの方はちょっと濁ってるような…^^;
チンキ剤の方は濃い緑色に!!

出来上がりが楽しみ~(^^♪

手作り作品の撮影のお供、キャサリンの紹介

手作り
05 /24 2018
結構前になりますが、
「手作り作品の撮影のお供に…」
という記事を書きました。

ウィッグが大きくて、そのままでは使えなかったので
きちんと固定してみました。

20180524-5.jpg

ちょうどいい位置に固定しても
髪の毛が長すぎる…
どんだけ長いかというとこんな感じ
こうしてみると、まるでホラー((((;゚Д゚))))

20180524-1.jpg

というわけで、ざっくりカットすることに。
元がまっすぐストレートのせいか
カットしたら外はねパッツンになってしまい^^;
このウィッグは、ドライヤーを使わないでください
とのことだったので、
一晩カーラーを巻いてみました(笑)

20180524-2.jpg

それではうまくいかず、
結局ドライヤーを弱風であててみたら
少しはおさまりがよくなりましたε-(´∀`*)ホッ
切りっぱなしボブって感じ☆

20180524-3.jpg

早速アクセでも着けてみますか♪
髪の毛なんか艶々でアップで撮ると、
本当に誰かに着けてもらってるみたい(*´з`)

20180524-4.jpg

せっかくなので、親しみやすく名前をつけました。
キャサリンちゃん、
モデルデビューです!
これからよろしくね(^ω^)

レジンの研磨が上手くいかない…

手作り
05 /18 2018
本当は研磨してピッカピカになってから
ブログに書きたかったんだけど
磨いて磨いても
全く満足のいく仕上がりにならなくて…

レジンの研磨方法は検索すれば
結構たくさんの記事が見つかります。
それを参考に自分の今できるやり方でやってみました。

ちなみにこれがバリ取りもしていない
出来上がりほやほやの状態

IMG_20180518_212314.jpg

でもいくら研磨しても
研磨する前の方が艶々なのは
どういうこと!?

20180518-1.jpg

仕上げにレジンでコーティングすれば
艶々になるのはわかっているんだけど
球体やしずく型は研磨仕上げのほうが
断然きれいなはずなんです。

これはきっと、研磨方法を書いてある記事には
書いてない工程があるんじゃないかと疑うほど(笑)

コンパウンドも車用のじゃダメだったのかなぁ?
ちなみに仕上げ磨きには
むかーしに買ったペースト状の爪磨きを使いました。

IMG_20180518_212720.jpg

最初に研磨したものは
ペーパーヤスリ600→1200→1500のあとに
ペーストの爪磨きで仕上げました。
ベースが透明なのできれいに見えるけど
艶が全然出てません。

IMG_20180518_212206.jpg

しばらく研磨方法の模索に時間がかかりそうです(;´Д`)
目標は濡れたような艶☆
黒い車をお持ちの方なら気持ちわかると思います。

柄付きのアクリルたわしを作りました

手作り
05 /15 2018
コップや水筒を洗う時に便利な柄付きたわしを
アクリル毛糸で手づくりしました。

↓これは乳飲み子猫用の哺乳瓶
市販の柄付きたわしでは大きくて入らないけど
手づくりすれば、使いやすい大きさにできます。

20180515-1.jpg

柄付きの柄の正体はコチラ↓
市販の柄付きたわしのスポンジを外したものと
使い古しの歯ブラシです。

20180515-3.jpg

柄に直接編みつけたり
ループ編みしたものを取り付けたり、
いろんな編み方で作ってみました。

20180515-4.jpg

アクリル毛糸の色を柄の色に合わせて選んでみました。
ちょっと売り物っぽい?
そんなわけないか(笑)
歯ブラシって丸わかりですよね(・∀・)

20180515-2.jpg

アクリルたわしは
軽い油汚れなら洗剤なしでも落ちるし、
茶渋もこするだけできれいに取れるんですよ~

うちではず~っとアクリルたわしを愛用してるので
洗剤や普通のスポンジの消費量がかなり少ないです。
お財布にも地球環境にも優しいアクリルたわし
是非お試しあれ(*^^*)


100均グッズで猫のおもちゃを手作り♪

手作り
05 /02 2018
「わざわざ手づくりしなくても…」
はい、言われなくてもわかってます(笑)
100均には猫のおもちゃも売ってます。
でも、こんな材料があるのを見ると、
なぜか手作り魂に火がついてしまいます( ̄ー ̄)ニヤリ

20180502-1.jpg

デコレーションボール、天使の羽、鈴
あとは家にある材料で…
いろんな組み合わせで作ってみました☆
個人的には、ボールを3つ繋げて
ビーズで目をつけた芋虫モドキがお気に入り(^^♪

20180502-2.jpg

菜箸の先端にワイヤーやテグスを取り付けた
じゃらし棒も作りました。
その先端に付け替えて遊べるようになってます。
猫って結構飽きっぽいから、
おもちゃを付け替えられるのは便利ですよ~

20180502-3.jpg

↑写真左の結束バンドをたくさん繋げたものは
保護猫カフェ・カーロさんで教えてもらったものです。
何もおもちゃをつけなくても遊ぶのですが、
やっぱり獲物がついてる方が良く食いつきました。
狙いを定めやすいのかな?

猫のおもちゃって壊れやすいし、
高いのを買っても見向きもされないと悲しいけど、
これなら手軽にできていいですよ(*^^*)

にゃんまま

手作りが趣味のただの猫好き

猫とお昼寝するのが至福の幸せ