2017/02
≪01  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28   03≫
今年初の乳飲み子猫ちゃん
先週の火曜日、動物管理センターから乳飲み子猫ちゃん2匹がやってきました~!

キジトラのマムちゃん(たぶん♀)と茶トラのチャムくん(たぶん♂)、目が開いていて体重が約200gなので、生後10日から2週間ってところです。

動物病院で簡単な健康チェックと検便をしてもらったところ、寄生虫も見当たらないしパルボも陰性、今のところ問題なしです。
しばらくはミルクのお世話で寝不足になりそうだけど、この可愛い姿には癒されますね~

それにしても、この週齢の頃ってまだまだ猫らしくないなぁ…
猫というよりハムスター…
色合い的にはジャンガリアンとロボロフスキーかな?(笑)
でも、もう大きくなってちょっと猫らしくなってきました(*^^*)

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

はじめまして。ミルクボランティアお疲れさまです。
子猫のお世話は本当に大変だと思います。
よく分からないのですがこういった子猫をセンターに連れていく人はどんな人なのでしょうか?
飼い主?野良猫の子供を保護した人?

どちらにしろ母猫を避妊してもらうことは無理なんでしょうか?
母猫を避妊しなければまた持ち込まれるんでしょうね…。
Re:
はじめまして。みぃさん
コメントありがとうございます。
センターに持ち込む人はどんな人なのか?というのは、私にもはっきりとは分かりません。ただ、乳飲み子猫のなかには野良猫が産んだ子猫だけではなく、飼い主からの持ち込みも結構あるようです。
いずれにしても、母猫を避妊しなければならないのですが、そういう知識がない人もいるので、センターに持ち込まれた時に正しい飼い方の指導やTNRなどの推進をしてもらわないといけないと思います。
私の住む神戸市では今、多くの猫ボラさんたちが精力的に活動してくださっています。
少しでもたくさんの人たちにセンターでの現状を知ってもらい、一匹でも多くの猫たちが幸せになればいいな、と思います。
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR