猫の白癬(真菌症)について②

猫についての勉強
07 /22 2017
昨日に続いて、猫の白癬(真菌症)
今日は、私の過去の経験やネットで調べたりした、
超自己流の対処法を紹介します。
発症した猫の状態や育った環境などは
それぞれ異なりますので、参考程度にしてください。

20170722-6.jpg
↑6/25~7/14までうちにいたげんちゃんも白癬が…

私はこれまでに子猫~大人猫60匹以上を
預かってきたので、何度か猫の白癬は
経験しています。
体のあちこちにハゲができ、
治療に長くかかった子もいれば、
治療しなくても治った子もいました。
できるだけ早く見つけることと
見つけたら清潔にすることが重要です。

預かりっ子は毎日全身チェック
白癬は、最初はカサブタのようなものが
できることが多いです。

20170722-1.jpg
↑7/4げんちゃんの白癬発見時

こんなところにいつの間にケガしたんだろう?
って思うかもしれません。
この時点で見分けるのは難しいです。
でもケガにしろ白癬にしろ、清潔にした方がいいので
猫の具合が悪くなければ、
とりあえずシャンプーします。
カサブタも手でつまんで取れる部分は取ってしまいます。
(痛がるときはやめてくださいね。)

20170722-3.jpg
↑こんな風につるっとしたハゲが出てきました。

傷がなければ毎日酸性水で拭きます。
そうして毎日観察し、カサブタのようなものが
ハゲの外周にできてきたら白癬の可能性が高いです。
(真菌は円形状に増殖していくので)
できたカサブタは毛と一緒に簡単に取れます。
猫の使っている毛布やベッドも清潔にし、
毎日酸性水で拭くだけでも、
健康状態がよければ自然治癒していきます。

20170722-4.jpg
↑げんちゃんは病院にいきました。クリームを塗って1週間後の状態です。

…が、やはり早く治すには病院に行きましょう。
とくに、ハゲが1か所ではなく数か所に見られる、
発見してから数日で広範囲に広がる、
などの場合は、甘く見ないでください。

20170722-2.jpg

ちなみにげんちゃんは、
クリームを塗り始めてから2週間後には
獣医師から「たぶん真菌落ちてると思うので
いったんクリームやめましょう」と言われました。

げんちゃん、あとは毛が生えてくるのを待つだけです。

20170722-5.jpg

参考ページ

どうぶつ親子手帳 検査について知ろう(7) <皮膚の検査>

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

にゃんまま

手作りが趣味のただの猫好き
猫好きが高じて、猫ボラ活動をしています
猫とお昼寝するのが至福の幸せ