猫と手づくりと私~ミルボラ&HANDMADE bamboo~ 2013年12月

今日のサビちゃん

サビちゃんはとっても寂しがり屋さん。

今日もニャーニャー鳴いて、ケージから出してくれとおねだりしてました。
ケージから出して猫部屋を自由にさせると、まずは私にすりすりゴロゴロ甘えてきます。
抱っこすると、顔をペロペロ舐め、手を噛んできたり、頭をこすりつけたり、と思い付く限りの甘えっぷりを発揮します。
少し落ち着いて日向で毛繕いを始めても、私が部屋を出ようとすると、慌てて着いてくるのがいじらしい。

しばらくは一人で猫部屋で自由にさせているのですが、最近はドアを開けようと奮闘しているようです。
ガタンガタンとドアノブに飛び付いてるのが廊下からわかります。
そのうち、開けてしまうのではないかと心配してますが、うちの5ニャンには出来ない芸当をやって見せてくれるのか、ちょっと期待してしまう今日この頃です。

推定2~3歳、メスのサビちゃんは里親さん募集中です。
とっても甘えん坊で人が大好き!すぐに馴れますよ♪
他の猫と折り合いが悪そうなので、1匹だけで飼ってくれる方、よろしくお願いしますm(__)m

スポンサーサイト

うちの猫の紹介その3

今日はうちの猫3匹目の紹介をします。

黒猫のトトは2010年の秋にうちにやって来ました。
ナナとペペも5歳になって少しずつ落ち着いてきて、私も仕事をやめて専業主婦になって、時間にも余裕ができたので、新しく子猫を迎えたいと思いました。

ちょうどその頃に近くの公園で犬猫の譲渡会があることを地域紙で知りました。
希望は2ヶ月くらいのメスの黒猫でしたが、譲渡会の前日に保護されたばかりという生後2週間ほどの子猫たちのなかに、オスの黒猫がいたのです。
ミルクから育てるなんて初めてで、不安もありましたが、いろいろとやり方など詳しく教えてもらえたので、この黒猫を迎えることに決めました。

こんな手のひらサイズの猫にミルクをあげるのは最初は怖かったけど、割りとすぐにできるようになり、ミルクを飲んだ後は、必ず私の首もとに引っ付いて寝る姿はめちゃめちゃ可愛いかったです!
トトは病気もせず、みるみる大きくなって、ベッド変わりにしていたキャリーケースから自分で出てトイレにオシッコしに行ったり、遊び疲れて寝るときには自分で戻ったり、名前を呼ぶと走りよってきたり、ととても賢い猫に成長しました。

ただ、去勢手術を終えてナナとペペとも何とか仲良くなった頃から、私が猫の保護活動のお手伝いで子猫の一時預かりをするようになって、あまり構ってあげられなかったのが可哀想だったかな、と思います。
しばらくはナナとペペと3匹で猫部屋でのみの生活をしていたので、昨年解放してもしばらくはリビングに降りてきませんでした。
でも、最近は慣れてきて、食卓の上にのって私たちが食べ終わったお皿や台所のシンクを舐めたりと、いやしい一面も見せてます(笑)
基本的にはトトは超臆病な性格で、大きくなった今でもインターホンがなると、一目散に逃げてしまうんですよ。

そんなトトのチャームポイントは少し緑がかったまん丸お目めと質感のある艶やかな真っ黒な毛並み。
脇と胸元に白い毛があって、熊みたいに見えますが、本当にキレイなんですよ♪



紙芝居見てきました

今日は楽しみにしていたパンの耳企画さんの紙芝居を見てきました~!



子どもの頃見た紙芝居と言えば、花咲かじいさんなどの昔話で、語り手は一人というものだったと思います。

今回のパンの耳企画さんは女性3人のユニットで、語り手と物語の登場人物(人じゃなかったけど)のセリフを喋る役に分かれていて、こういう形式のを見るのは初めてでとても新鮮でした。
表情もとてもよく、セリフに感情がこめられていて、すごく良かったです。
そして、紙芝居の主役ともいえるイラストは一枚一枚手書きで描かれていて、可愛くて味のあるもので、お話も面白かったです。

会場の雰囲気も手作り感のあるアットホームな感じで、語り手とお客さんが近い位置になるようにしていたのもいい感じでした。



また、次の機会があれば是非見に行きたいと思います。

うちの猫の紹介その2

今日は昨日の続きで、まずはナナを紹介します。

ナナは最初から人懐こくて、私たちの膝の上によく乗ってきます。
一度乗ったら、なかなか動かずそのまま寝てしまうことも…。
ブラッシングも好きで、床にごろんとなりがら、今度はこっち~とばかりに自分で体の向きを変えたりして、最後は私の手をなめてくれるんです。
きっと、お礼に毛繕いしてくれてるつもりなんでしょう。
そんな可愛いナナですが、実はうちの猫たちの中ではボス的存在のような風格も持ち合わせていて、ゆったりくつろぐ姿には堂々としたものを感じます。
なので、私たちは時々ナナのことを「ナナ様」「ナナさん」と呼んだりしてます(笑)

ナナ様はこちら↓


さて、そんな堂々としたナナさんの姉妹猫のペペは人見知りな猫です。
うちに来てから最初のうちはタンスの上のほうに登ってなかなか降りてこなかったり、今でもお客さんがきたら机の陰などに隠れて出てこなかったりします。
でも、私たちにはとてもなついてくれて、床でゴロゴロ転がりながらお腹を見せたりするんですよ。
ブラッシングの時も、もっともっと~とあちこち移動しつつも寝転がってたり。
とくに喉を撫でると激しくゴロゴロいいながら喉をグイグイ押し付けてくるのが可愛いです。

ペペはこちら↓


ナナとペペはとっても仲良くて、お互いに毛繕いしあったり、いつも一緒に寝ています。
猫を初めて飼うのに、いきなり2匹いっぺんに、なんて不安もあったけど、一緒に引き取って本当に良かったです。
当時は私も働いていたので、昼間は2匹一緒にいて寂しくなかったと思うし、何より2匹で遊んでいる姿はめちゃめちゃ可愛いです!
今も2匹仲良くくつろいでいる姿にはいつも癒されています。

例えばこんな↓

うちの猫の紹介その1

私が初めて猫を飼ったのは2005年の9月でした。
子どものころから猫が大好きで、いつかは飼いたいと思っていました。
その年、夫は3週間ほどの海外出張があり、独りで留守番していた私はとても心細く、毎晩のようにネットで猫の画像や動画を見ているうちに、どうしても飼いたくなったのでした。

ネットでいろいろ探していると、ある猫の保護団体のページに目が止まりました。当時は京都で活動していたのですが、兵庫の地域猫のレスキューもしており、その中のチビキジ7(今のナナ) にすごく心が惹かれました。
一時的に預かりをしている方のホームページがとても心温まる感じだったのが、印象的でした。

早速連絡してみると、なんと一時預かりをしている方はうちから車で30分ほどのところに住んでいることがわかり、なんだか運命的に感じてしまいました。
お見合いの日には保護主様も京都から来てくださり、猫を飼うのに必要な物など丁寧に教えてくださり、買い物まで手伝っていただきました。
(その日に連れて帰れると思ってなくて、うちの準備が出来てなかったのです)

ちなみに、ナナにはチビキジ6(今のペペ)という姉妹猫がいて、お見合いの日に2匹を引き離すのは可哀想だと思い、2匹とも引き取れないか聞いてみたら、保護主様もおすすめしようとしていたらしいです。
一時預かりの方のお宅で、ナナは人懐こくて抱っこしたりしていたのですが、ペペは隅っこの縫いぐるみにまぎれるようにして、こちらをうかがっていたのをよく覚えています。

これがナナとペペとの出会いです。
長くなったので、続きはまた明日ということで。

特定検診の結果

今年度40歳になる私は特定検診を無料で受けることができるので、2週間前に行ってきました。
その結果を今日受け取ってきたのですが…。

糖尿病になりやすい体質だそうです…( ̄ロ ̄lll)ガーン
太らないように気をつけてくださいね、だって。

太りやすい体質だから常日頃から気をつけてますが、これからもっと気を引き締めないとですね…。
貧血を心配していたのに、そっちの方は全く問題なかったです。
他にも特に気になる点はなく、至って健康~♪
数年ぶりの健康診断で不安だったけど、とりあえず何ともなくて一安心したところで、早速お酒を飲んでました(笑)

全然関係ないですが、次回の譲渡会のチラシです↓

やっと完成

今度の日曜日に観に行く予定の紙芝居の案内状を、そっくりそのまま羊毛フェルトで壁掛けにしてみました!

コレ↓


この案内状をもらったとき、ちょうど羊毛フェルトをちょこっとやり始めてて、すぐに思い付いたんです。
これ、羊毛フェルトで作ったら絶対可愛い♪って。
紙芝居のタイトルが「聖夜のコロッケ」なので、この子達はコロッケなのね~。
フェルトをチクチクさしてたら、コロッケ食べたくなっちゃいました(笑)
でも、いつものごとくメイン部分を作ったら満足して、目も入れずにしばらく放置…いやいや、最後の仕上げをどうするのか悩んでるだけなのよ、と自分に言い訳しながら今日までかかってしまいました。

出来上がりは↓


さてと~プレゼント用にラッピングしなくては…。
喜んでくれるといいな~。
実は紙芝居をするのは、今年結婚したばかりの友達の奥さんなんです。
連日準備に忙しいらしく、体調崩さないか心配ですが…頑張れ~って気持ち込めて作りました。

紙芝居当日、どんな感じなのか今から楽しみでワクワクしています(*^^*)

最近のサビちゃん

ネタがないので、久しぶりに保護猫のサビちゃんのことについて…。

うちに来てから2ヶ月も経つんですね~。
最初から人懐こくて、全く手がかからないサビちゃんですが、実はうちの猫たちとの相性が悪くて、ずっとケージ生活なんです。
人にはゴロゴロいいながらすりよってくるのに、猫にはすごく攻撃的な性格みたいです。
うちの猫たちと会わないようにしないといけないため、猫部屋のみで1日に30分程度しかケージから出してあげられなくて…。
出してあげると、足元にすりよってきたり、抱っこすると顔をなめてきたり、と本当に可愛いんですよ♪

本当に早く新しい飼い主さんを探してあげないとって思います。
「いつでも里親募集中」に掲載してもらってるのと、来月から譲渡会などにも参加していこうと思ってます!
サビちゃんは成猫でもかなり小さめで2.8kgしかないし、とても人懐こいから、譲渡会で直で見てもらったら決まりそうな気がします。

夫のこと

ちょっと恥ずかしいけど、今日は夫の紹介をします。
夫は、私が最も心を許している人で、すごく頼りになります。

家のことはもちろん、猫の保護活動のお手伝いも、私がすることはたいていは認めてくれて、一緒にやってくれたり。
電化製品などを買うときにはきっちり下調べしたり。
最近では車の買い換える予定なのですが、私の大まかな希望から候補の車種をピックアップして、細かく比較したり。

かと思えば、結構おおざっぱでたまに失敗やらかしたり、楽観的思考の持ち主だったりもします。

結婚して15年ほど経つけど、毎日楽しく過ごせるのは、こんな夫のおかげかなぁと思ってます(*^^*)

自己紹介

ブログを始めて約2ヶ月、あまりネタもなく更新もまばらでしたが、これからは毎日ちょっとずつでも更新しようと決めました!
まずは自分自身のこと、夫のこと、飼い猫たちのこと、ゆっくり紹介してこうと思います。

私は、神戸市西区に住むアラフォー専業主婦です。
趣味は手芸、読書、バドミントン、スキーなど、いろいろやってみるけど、飽き性(笑)
自分では責任感が強くて、真面目だけど結構ズボラなとこもあり、人見知りだと思ってます。
猫大好きで、今は5匹の飼い猫と、迷子のサビ猫ちゃん1匹と暮らしてます。
あ、もちろん夫も一緒に。

飼い猫5ニャンが保護猫ということもあって、自分にもそういうボランティアのお手伝いができないかと思い、昨年までの2年ほどは保護された子猫(主に乳飲み子)を一時預りしてました。
また、来年からも同じようなお手伝いをしていこうと考えてます。
今はその準備期間で、譲渡会のお手伝いとかやりながら、人との繋がりを持っていきたいと少しずつ活動しています。

また、空いた時間にはちょこちょこ手作りしたりしてるので、その作品も紹介していきます!
ちなみに、今日のは最近作ったアクリルたわし。
猫や肉球の形にしようと頑張ったけど、どうでしょうか…?
プロフィール

にゃんまま

Author:にゃんまま
手作りが趣味のただの猫好き
猫好きが高じて、猫ボラ活動をしています
猫とお昼寝するのが至福の幸せ

最新記事
カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR