猫と手づくりと私~ミルボラ&HANDMADE bamboo~ ミルボラ遠隔アドバイス

保護した乳飲み子猫、あなたならどうする?(その7)

ミルボラ遠隔アドバイスシリーズその7です。
是非、その1からご覧くださいね。
カテゴリ「ミルボラ遠隔アドバイス」記事一覧

へその緒に胎盤もついたままの状態で
保護されたテトちゃん
LINEでのアドバイスのみで
立派に育てた保護主Aさん

実はこのお話をブログの記事にする許可は
200gを超えたくらいの頃にいただいていました。
そろそろまとめようかな?とLINEのログを
読み返して、懐かしく思っていました。
すると…

20171029-1.jpg

Aさん
「テトは順調に元気に大きくなってきてます。
今日で52日目、675gになりました。
自分の名前も覚えて、呼んだら走ってきます。
トイレは最初から完璧で、粗相をした事がないんです。

こんなに大きくなるなんて本当に信じられない位です。
すっかりウチの猫になりました!」

なんと、ブログの記事を書き始めた日
久しぶりに成長したテトちゃんの様子を
連絡してくださいました。
これまたすごい偶然!と嬉しくなった私。
早速ブログ記事のリンクを伝えました。

20171029-6.jpg

Aさん
「ブログ読ませて頂きました。
あぁこんなんだったなぁと思い出しました。
色々聞きまくってたんだなぁって。
ポイントポイントでアドバイス頂いて、
味方がいるような気持ちで頑張れたんだと思います。」

テトちゃんは、Aさんちの子になっています。
毎日飛び回ってるテトを見るたびに、
最初はいつ命が尽きるかと恐れていた事を
思い出すそうです。

テトちゃんにはもう1匹一緒に保護された
きょうだいもいたのですが、
その子は保護して間もなく亡くなっているので、
余計に不安だったのでしょう。

20171029-5.jpg

Aさん
「その頃パンダの香香も大切に育てられていて、
勝手に飼育員さんの気持ちに乗っかってしまって、
貴重なパンダを育ててるような気分になったりもしてました。」

Aさんからの返信にうるうるきてしまいました( ;∀;)
私もアドバイスしつつも、やはり不安で…
でもAさんがすごくすごく頑張ってたから、
テトちゃんもそれに応えてくれたんだなぁって思います。

Aさんがパンダの飼育員さんと共鳴したように、
私もテトちゃんを一緒に育ててるような感覚になってたので、
成長報告はとても嬉しかったです(*^^*)

20171029-4.jpg

Aさん
「今テトのサイズはこれくらいです。
アイフォン6くらい、まだまだ小さいかな?
それと、こうやってよく自分の手を噛んでますけど、
何なのでしょうか?」


「目安としては生後2ヶ月で700gを超えていたら、
ほぼほぼ基準的な成長をしてると言えます。
なので、ちょっと小さめだけど大丈夫だと思います。
お手手を噛むのは、毛づくろいや遊びの途中とかなら
気にしなくてもいいと思います。

お手手を噛みながら寝るのであれば、
甘えたさんなのかもしれません。
噛みすぎで傷がついたり、ハゲができるようなら、
気をつけないとです。」

20171029-2.jpg

Aさん
「ハゲ(゚д゚)!それは大丈夫そうです。
手を噛みながら空中を猫キックしてるので、1人遊びなのかな。
時々カリカリもたべますけど、まだ柔らか餌が中心でいいですか?」

どうやら一人遊びのようですね。
テトちゃんが抱っこするのにちょうどいい大きさの
キッカーを作ってみては?ということと、
ご飯は体重の増え具合や便の様子を見ながら
調整するようにと伝えました。

これが最後のアドバイスとなりました。

20171029-3.jpg

いかがでしたでしょうか?
生後間もない乳飲み子猫のお世話は大変ですが、
それ以上に得るものがあります。

初めてだからできない、なんてことはありません。
誰にだって、何するにしたって一番最初は「初めて」です。
わからないことがあれば、調べたり聞いたり…

Aさんもこんなに小さな子は初めてでした。
不安になったら病院に行き、
また私からのアドバイスを参考にしながら
テトちゃんを育て上げました。

Aさんとは、実際にお会いしたことはありません。
LINEでのやり取りもずっと
にゃん太の会のカリンさんが仲介してくれました。
ミルボラで一度に預かることができる頭数は
人にもよりますが、そんなに多くありません。
でも、アドバイスならいつでもできます。
乳飲み子猫の移動も遠方へは負担になるけど、
アドバイスだけなら距離は関係ありません。

Aさん
「ほんとに可愛くて可愛くて、
カルガモみたいに付いて歩くとか、
名前を呼んだら一目散に走ってくるとか、
ちゃんと信頼してくれてると実感して感激の日々です。」

このシリーズはこれで最終回となります。
でも、テトちゃんの幸せは…

…永遠に続く…

保護した乳飲み子猫、あなたならどうしますか?

20171029-7.jpg

乳飲み子猫を保護した時のお世話の仕方は
こちらのページも参考になります。

生後間もない乳飲み子を見つけたら・パート1

生後間もない乳飲み子を見つけたら・パート2

スポンサーサイト

テーマ : 保護活動
ジャンル : ペット

保護した乳飲み子猫、あなたならどうする?(その6)

ミルボラ遠隔アドバイスシリーズその6です。
是非、その1からご覧くださいね。
カテゴリ「ミルボラ遠隔アドバイス」記事一覧

ゆっくりだけど、確実に成長しつづける
乳飲み子猫、テトちゃん
もうそろそろ離乳食になるかな?
というところで、連絡が来ました。

Aさん
「昨日夜に400gの大台に乗りました!

ミルクを飲む量が減ってすぐにイヤイヤするので、
回数を2、3時間おきにしてます。
ここ3日位、1回に13gほどしか飲みません。
よく遊んで体重も少しずつ増えてるので大丈夫ですよね?

やっぱりゼロゼロ言うし、飲んだ後咳き込んだりします。
誤嚥性肺炎は何日位まで気を付けないといけないんでしょう?」


「ついに400g超えましたね!
素晴らしいです本当に。

ミルクを飲むのをカミカミして嫌がるんですよね?
お口を開けてみたら、しっかりと歯が生えてると思います。
もう離乳食の時期です。」

20171027-1.jpg

猫はだいたい生後3週の終わりくらいから犬歯が生えてきて、
むずがゆくなるのか、カミカミするようになります。

それが離乳食に切り替えるタイミングです。
いきなりは食べないので、離乳食とミルクを併用しますが、
私はこの時期が一番大変だと思っています(;´・ω・)

ミルクをお皿から飲めるように訓練できれば
誤嚥の心配もなくなると思います。

Aさん
「ミルクをカミカミして嫌がる事はないんですが、
飲む量が減ってます。
途中でペッと乳首を放してしまって…

お皿にミルクを入れて飲ませようとしてみたけど、
全く気付きもしませんでした。

歯はしっかり生えています。
離乳食始めてみます。
ミルクを飲む度に苦しそうなので、
早く哺乳瓶から卒業できたら…」


「カミカミはしなくても、乳首をペッてして
ミルクを飲む量も減ってるなら、
もう離乳食に切り替えた方がいいですよ。
お皿から食べたり飲んだりは、最初はわからないので、
指先につけて鼻先に近づけたりして
興味をひきつけるようにしてみてください。
覚えてくれるまで、とにかく根気よくです。」

そう、最初にミルクを哺乳瓶で飲ませるときと同じ
今度は離乳食を食べてくれるようになるまで
とにかく根気よくやります。

20171027-2.jpg

それから1週間後…

Aさん
「テトは急激に色々できるるようになって、
小さいながらもめいにパンチしたり、
リビングを走り回ったり猫じゃらしを捕まえたり、
日に日に猫らしくなってます。

20171027-4.jpg

離乳食はミルクで柔らかくしてやってます。
よく食べてます。
水も少しなら飲めるようになりました。

最初を考えると今が信じられなくて、
別の猫じゃないかと思うくらいです。」

20171027-5.jpg

もう感動がすごく伝わって来ますね(*´ω`*)


「もうすっかり猫ですね。
トイレもちゃんとして、大きな猫さんとの
触れ合いもできるようになって…
本当に感慨深い想いです。
水を飲めるようになってるなら、
カリカリそのままでも食べられると思います。
ここまできたら、安心ですね。」

20171027-3.jpg

Aさん
「そうそう、体重もうすぐ500gです。
離乳食になってから増え方が控えめです。」


「大丈夫です!
離乳食になれたら、食べる量もぐんと増えて、
体重も一気に増えますよ。」

ここまで育ったら、もうほとんど
アドバイスすることもなくなりました。

ちょうどこの頃に、秋シリーズを
次の預かりさんに引き継いでいました。
Aさんにも
寂しくないですか?と聞かれましたが、
最初から預かりっ子だと心に刻んで、お世話してますので…

それに、こんなに小さな子猫の成長する姿や
この頃特有の可愛さを見ることができるのは
ミルボラの特権です(*^^*)

その7に続く

乳飲み子猫を保護した時のお世話の仕方は
こちらのページも参考になります。

生後間もない乳飲み子を見つけたら・パート1

生後間もない乳飲み子を見つけたら・パート2

テーマ : 保護活動
ジャンル : ペット

保護した乳飲み子猫、あなたならどうする?(その5)

ミルボラ遠隔アドバイスシリーズその5です。
是非、その1からご覧くださいね。
カテゴリ「ミルボラ遠隔アドバイス」記事一覧

体重200gの壁を越えて
ウンチ事情あれこれの相談のあと
しばらく連絡が途絶えていました。
ちょっと心配になり、中継ぎをしてくれてる
にゃん太の会のカリンさんに連絡してもらいました。

Aさん
「間が空いてすいません、多分順調にきてると思います。
ミルクを飲んだあとのゼロゼロという音は続いてます。
時々鼻からも出すので、ミルク飲むのがヘタなのかな?と
様子見ながら休み休みやって、
合間にヨチヨチさせたらまた飲んだりします。
一回に17ccほど飲んでます。
自分からアピってこないのと一回の飲む量が増えないので、
3~4時間おきにあげてます。」

20171025-4.jpg


「元気に育ってるようで安心しました。
大きくなってしっかりした感じになってきて…
お目々も大きくて可愛いですね(≧▽≦)

一回に17cc飲めてたら充分だと思います。
ミルクを定期的に充分飲ませていると、
自分からはあまりアピってこないです。
うちでは皆そんな感じです。」

ただ…ミルクを飲んだあとのゼロゼロは心配です。
たまに飲むのが下手で、やはり鼻から出て来ることもあり、
私も誤嚥してないか不安になります。
ミルクを飲んだあとは鼻もきれいに拭いてあげて、
呼吸がおかしいと感じたら、
病院へ連れて行くように伝えました。

20171025-5.jpg

Aさん
「体重は少しずつ増えて、昨日病院で測ったら360gありました。
昨日まで丸2日ウンチが出なくて、
病院で先生にマッサージしてもらい、結構出ました。
一応ウンチの形をした黄土色の長いウンチです。」


「体重もそこまで増えてたらミルクの回数は
一日5回くらいでも大丈夫かと思います。
ウンチの状態も良さそうです。
そろそろトイレも覚えてくるころなので、
準備してあげてください。」

Aさん
「一応トイレ作って乗せたりするんですが、
掘ったりはまだないです。
マッサージしたら砂の上にポトポトしてます。
そうそう、さっき立派なウンチが出ました。
先がすごい太かったので、ニャーニャー大騒ぎ
まさか切れ痔とかにならないですよね?」

なぜかウンチ事情から離れられない私たち(笑)
トイレのしつけの仕方は、Aさんのやり方で大丈夫。
私はトイレに座らせて刺激をする前に
お手々をもってカキカキ動作をつけてあげます。
また、ケージの外で遊ばせていて、
座り込んでオシッコしそうなときとかにも、
トイレに放り込んでやります。

あと切れ痔の心配ですが、
ウンチに血がついてなければ大丈夫かと思います^^;

20171025-6.jpg

Aさん
「今朝ミルクのあと又ヨチヨチさせてたら、そこらを掻いてみたり、
飛びかかるような仕草や横に倒れて手をパタパタさせたり、
小走りしてみたり、何か遊んでたみたいです。
お母さんを作りました。」

20171025-3.jpg

こういう抱っこできるものを手作りしたり、
お世話が細やかで優しいなって思いました。
乳飲み子猫の名前はジブリつながりで
テトちゃんになったそうです。
性別も、女の子だと確認できたようです。

20171025-1.jpg

実は、このアドバイスをしている頃、
私は同じくらいの週齢の秋シリーズを預かっていました。
同じくらいとはいっても秋シリーズは
100g前後で産まれ、その後の成長も順調なので、
テトちゃんとは大きさにずいぶん差があります。
でも、参考にもなると思うので、時々様子を伝えていました。

Aさん
「やっぱりきょうだいと一緒っていいですね。
テトのもう1匹の子も助けてあげたかった。
腰を浮かせて普通に歩くのもまだヨタヨタで…
秋シリーズからはかなり遅れを取りそうです。」

確かにきょうだい一緒に助けられれば良かったですが、
最初70gしかないと聞いたときは不安しかありませんでした。
私のアドバイスなんかで大丈夫かな…って。
でも、Aさんがすごくすごく頑張って、
ゆっくりだけど確実に成長していって…
凄いことなんです!
テトちゃんだけでも助けられたのは。

それに、産まれた時の体重が全然違うし、
一匹一匹成長に差があるのは当たり前です。
秋シリーズは3きょうだいだけど、
(当時)一番大きな子と小さな子の体重差は50gもありました。


「テトちゃんはテトちゃんのペースで成長するので、
頑張って見守ってあげてくださいね。」

Aさん
「大丈夫です。
気にしてるというより、目標とさせてもらってます。
先を行く先輩ってことで、色々参考にしてます。
まだ350gなので、ゆっくり付いて行きます」

20171025-2.jpg

実は私もアドバイスしながら、自分の勉強にもなっていました。
文章だけでどう伝えたらわかりやすいかな?とか、
この体重の頃はどんな感じだったか見直したり…
こういう機会を与えてくれたカリンさんにも
感謝しています。

その6に続く

乳飲み子猫を保護した時のお世話の仕方は
こちらのページも参考になります。

生後間もない乳飲み子を見つけたら・パート1

生後間もない乳飲み子を見つけたら・パート2

テーマ : 保護活動
ジャンル : ペット

保護した乳飲み子猫、あなたならどうする?(その4)

ミルボラ遠隔アドバイスシリーズその4です。
是非、その1からご覧くださいね。
カテゴリ「ミルボラ遠隔アドバイス」記事一覧

少しずつ成長していた乳飲み子猫ちゃん
もうすぐ200gになるという頃にやはり来ました。
ウンチに関する質問が…

Aさん
「わずかな隙にウンチまみれになってました。
黄土色のウンチで、ベタッとした軟便です。
お腹にべったり付いてたので仕方なく全身浴させました。

ウンチは促さなくても時々出してますが、
こんなウンチまみれになるもんでしょうか?」

うんちの色は悪くはないと思うのですが、
まだ刺激しないと出ない時期です。
刺激無しで出るのは下痢状態になってるかもしれないので、
まず下記の2点を確認しました。

・元気と食欲はあるか?
・体重は毎日少しずつでも増えているか?

20171023-1.jpg

Aさん
「元気はあります、よく動きます。
ミルクは1日平均7回で、1回に10g以上飲めてます。
体重はおととい夕方168g、昨日夕方180g、今朝6時188g
いずれもミルクのあとおしっこさせての体重です。
ウンチ掃除の後、2時間経ちますが、ぐっすり寝ています。」

この回答の仕方、100点満点です!
・元気と食欲→あります
・体重→増えてます
とだけではなく、Aさんのように
ミルクの量や体重の細かい数値まで答えてくださると
この後のアドバイスがとてもしやすいです。

今回はさほど心配するような状態ではないのですが、
体重に対して、ミルクの飲む量が多いかな?と感じました。
もちろん個体差はあるので、


「(ミルクは)基本的には欲しがるだけあげていいのですが、
体重に対して、飲ませすぎかもしれません。
水のようなうんちでなければ、様子見でいいと思います。
便の様子や体調などしっかり観察してあげてください。
一回に10g以上飲むなら、一日6回でいいと思うので、
夜中ちょっと長くあけて、少しでもゆっくり寝てくださいね。」

Aさん
「わかりました。
水様便ではないので、様子みてみます。
おしっこもタオルや毛布の中でゴソゴソしてるうちに出てたりするので、
ウンチもそうかもですね。」

20171023-2.jpg

それから4日後のこと

Aさん
「こんばんわー大台に乗りました!
今日は昼に220gになってました。
おしっことウンチ出した体重です。

時々ミルク飲んだ後にすぐ寝なかったりするんですが、
遊ばせたりした方が良いですか?」


「順調に大きくなってるみたいで安心しました!
200gおめでとうございます☆」

20171023-3.jpg

体重は少なめだけど、おそらく3週目に入るころ…
この時期には耳も聞こえてるし、目も開いて、
よちよち歩きし始める頃です。
なので、しばらく(5~10分程度)床に転がして
自由にさせてみるよう伝えました。

Aさん
「ちょこちょこ遊ばすようにしてみます。
ウンチを勝手にしてしまって、気づいたら
ウンチまみれっていうのが毎日なんで
ちょっと困ってます。
この時期そういうもんなのでしょうか?」

おっと、またウンチの質問がきました(笑)

じつは標準的に育っていれば、
体重も300gになる頃で、それくらいから
刺激されるのを嫌がる子もいます。
自分でトイレをするようになる兆候です。
そんな子はタオルにこすれたりの刺激でも
その場でオシッコやウンチを出しちゃいます。

でもAさんの乳飲み子猫はまだ220g…
さすがに自分ではまだ無理だろうけど、
トイレの準備をしてもいいかも?と伝えました。

20171023-5.jpg

さらに、もうひとつの可能性

「ミルクのあとオシッコさせる時の刺激が足りてないのかも…
強く刺激するのは良くないので、少し長めに刺激してみてください。
ウンチが出そうなときは、刺激すると肛門がプクッと膨らんできます。
そこからさらに刺激すると、力みだしてウンチが出るっていう感じです。」

すると…、
Aさん
「さっきお尻をマッサージしたら、ウンチ出ました。
最初硬くてあとやわやわだったので、詰まってたのかな?と。
結構沢山出ました。その後で体重を計ったら、
昨夜246gが、243gでした。何で減ったんだろう?」


「ウンチ、たくさん出て良かったですね。
たまに出にくい子がいて、お腹パンパンになったりして、
そりゃもうたくさん出ることありますよ。
そのときは体重測ったら、減ってます。
ウンチの分ですかね?(笑)」

20171023-4.jpg

Aさんはとても頑張ってらして、
質問や状況説明が的確でアドバイスしやすいです。

次の難関は離乳期(生後一ヶ月くらい体重400~500g)
またその頃に下痢になりやすいんです。

今回はウンチの話ばかりでしたが、
次回はどうなる事やら…(笑)

その5に続く

乳飲み子猫を保護した時のお世話の仕方は
こちらのページも参考になります。

生後間もない乳飲み子を見つけたら・パート1

生後間もない乳飲み子を見つけたら・パート2

テーマ : 保護活動
ジャンル : ペット

保護した乳飲み子猫、あなたならどうする?(その3)

ミルボラ遠隔アドバイスシリーズその3です。
是非、その1からご覧くださいね。

カテゴリ「ミルボラ遠隔アドバイス」記事一覧

体重が増えないという相談から二日後

Aさん
「1度に7~10cc飲めるようになり、間隔は2~3時間おきに。
体重は110gと増えたけど、標準よりだいぶ軽いみたい。
目は開く気配ないです。」

と、心配は尽きないようです。
最初が小さかったので、標準の大きさや成長具合を
比較することはあんまり意味がないのですが
やっぱり気になりますよね。
そこで、


「だいぶん大きくなりましたね。
今は標準より小さめでも、まだまだ挽回できると思います。
成長がゆっくりだと、目が開くのも遅めかもしれないですね。
母猫が赤ちゃんにゃんこを舐めてあげるように、
全身を優しく撫でてあげるといい刺激になるかもです。
私はミルクの時間に顔周りとかティッシュを使って優しくなでたりしてます。」


Aさん
「『大きくなった』これ今1番嬉しい一言です。
撫でるのやってみます。」

20171022-3.jpg

そしてさらに二日後のこと


Aさん
「一時順調だったんですが、またあんまり飲まなくなりました。
一回に3gほど、1日8回位飲ませておしっことウンチもしていて、
体重が昨夜130gでした。
このミルクが嫌いなのかなぁ?
ミルクのあとは元気に動き回ってすぐ寝ます。
ミルクを替えるのがいいでしょうか?」

20171022-5.jpg

ミルクを替えるかどうか…
じつはこれ、ちょっと難しいところなんです。
ミルクを急に替えると、まれに合わなくて
下痢をしたりすることがあります。
なので少しずつ混ぜてから、替えていきます。

体重も順調に増えてるし、私の経験上でも
体重130g前後のときは、一日7回あげていました。
いろんな可能性が考えられるので、


「こまめにミルクを飲めて常にお腹が満たされているから
飲む量が減ってるのかもしれません。
おしっこもうんちも問題ないなら、一度少し時間をあけてみてください。
お腹が空いてたくさん飲むかも?
あんまり飲まなかったら、もうしばらく回数多めで頑張ってください。」

Aさん
「わかりました、ニャーニャーと鳴くタイミングであげて、
この回数なんですが、鳴いてもちょっと置いとく感じでしょうか?」


「鳴いてるということは、ミルクを欲しがってると思うので、
今のまま続けてください。
試しに一回鳴いてるのを置いといて、
しばらく経ってからあげてみてもいいですが、
飲む量に変化がなければ、この子が一度に飲める量が
それくらいってことなのかもしれないです。」

などなど…

20171022-2.jpg

そして、栄養価が高めのミルクを紹介すると、
早速購入したみたいでした。

Aさん
「昨日ミルク届いたので早速変更しました。
飲む量が増え、5~10ccになりました。
おしっこも沢山出るし、
しっかり飲んでくれてるみたいなので安心です」

「毛布の端を縫って袋にしました。
そしたらミルクを飲ませやすくなりました。
そしてそのまま寝かせます。」
20171022-4.jpg

このアイデア、本当に素敵です☆
私も真似させていただきたいくらいです。

「今朝がたの3時に151g
また今夜増えてるといいなぁ」
↑この気持ち、すごくよくわかります(^^)


「めっちゃいい感じみたいで良かったです!!
毛布を袋状にするアイデア、素敵ですね。
ミルクを飲んだあとの寝姿が安心しきっているのが伝わります。
お口周りのピンク色がとてもいい具合の色をしてると思いますよ。
ひとまずの目標の200gまでもう少しですね。
頑張ってくださいね(*^^*)」

20171022-1.jpg

頑張ってとアドバイスをしながら、
実は私もすごく勉強になっていました。

その4に続く

乳飲み子猫を保護した時のお世話の仕方は
こちらのページも参考になります。

生後間もない乳飲み子を見つけたら・パート1

生後間もない乳飲み子を見つけたら・パート2

テーマ : 保護活動
ジャンル : ペット

プロフィール

にゃんまま

Author:にゃんまま
手作りが趣味のただの猫好き
猫好きが高じて、猫ボラ活動をしています
猫とお昼寝するのが至福の幸せ

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR